大学院生になってみた

埼玉県民と北海道民で書いてます。横浜ベイスターズのファンと広島カープのファンです。

2018プロ野球順位予想!!!の的中結果

プロ野球2018予想結果

プロ野球がセ・パともに順位が確定したこともあり、シーズン前に予想した結果を確認していきましょう。

 

 

セ・リーグ

順位予想

www.master-hitori-iroiro.site

セ・リーグ

1位広島

2位横浜

3位阪神

4位ヤクルト

5位巨人

6位中日

実際は、

1位広島 2位ヤクルト 3位巨人 4位横浜 5位中日 6位阪神 となりました。

1位以下はボロボロの結果ですね、、、

ではそれぞれの球団に対するコメントをみていきましょう。

広島

広島は特に戦力が下がった感じもなく、鈴木誠也の怪我も大丈夫かと。ジョンソンがシーズンを通しているのはでかい。

はい、これは正解ではないでしょうか。野間の活躍とか当てたかったですが。 

横浜

横浜はここ数年で選手層が厚くなり、誰か抜けても問題ないチームに。個人的に梶谷に率を残して欲しい。

層は厚くなっていませんでした。梶谷が抜けると困るチームであり、ルーキー神里が抜けても困るチームでありました。出塁率の高い選手欲しかった、、、先発陣の不調は予想無理では(絶望)。

阪神

阪神も層が厚い。新外国人ロサリオは期待大。メッセの調子が気になるところではある。内野をうまく組めれば優勝もありえるのでは。

阪神も層は厚くなく、福留、糸井のベテラン頼り。ロサリオは期待通りの結果を残せず、最下位の要因に。メッセンジャーは結果を残したが、他に先発の柱がいない。中継ぎ陣、コンバートした能見、桑原を筆頭に安定していただけに残念。最下位でこうして登板数を重ねると、来年以降しんどそう。

ヤクルト

ヤクルトは今年はメンバーがそれなりに揃っているのでは?小川の出遅れが気になる。原の頑張りに期待。青木の復帰は現時点でもチームに良い影響を与えているが、自身としても結果を残せるか。

順位予想は外し、注目選手に山田の復活、強力打線、などを挙げられなかった。CSは応援しますので、許してください。

巨人

巨人はマイコラスの穴を山口、野上が埋めた上でさらにプラスできるか。打線はゲレーロに期待。阿部を休み休みで使えるようにするのと、昨シーズンのような坂本の失速がないようにバックアップをしっかりするのがポイントか。

マイコラスの穴は埋まらずも、メルセデスヤングマン、山口の活躍などで最小限に収めたのでは。野上は残念。ゲレーロも期待はずれ。阿部は休み休みで使えたが、坂本は結局謎の抹消があった。岡本の覚醒は当てたいところでした。3位おめでとうございます。

中日

中日はW大野の活躍に期待したい。また、今年は高橋周平のブレイクとなりそう。昨シーズンダメであった選手と、調子良かった選手が噛み合えば上位進出もありえる。

えー。高橋周平の活躍を当てたので勘弁してください。W大野は来年以降頑張ってください。そして、松坂の活躍はね、やっぱり嬉しかったですよ。どんな姿になっても、現役で投げるということにこだわって、これからも頑張ってください。

 

パ・リーグ

順位予想

 パ・リーグ

1位楽天

2位西武

3位ソフトバンク

4位日ハム

5位ロッテ

6位オリックス

 実際は、

1位西武 2位ソフトバンク 3位日ハム 4位オリックス 5位ロッテ 6位楽天 となりました。

えー。楽天を6位予想できていれば、ほぼ完璧でした。

楽天

楽天は順調に選手の底上げができている印象。打の外国人たちが中軸として結果を出せれば優勝であると感じている。安楽が不安材料。藤平の台頭でカバーできるか。

選手の底上げはできていなかったんでしょうね。打の外国人は揃って不振。1人は違反と、酷い有様。安楽以外にも不安材料が豊富であったし、藤平は台頭できませんでした。それでも岸は活躍したし、個人的には青山の活躍は本当に嬉しかったです。石井一久を先頭に改革を進め、来年こそは上位へ。

西武 

西武は野上の穴はあるが、高橋光成、多和田あたりが埋められると予想。今年はシーズン頭から高橋朋己がいるため、シュリッターの穴は埋められる。おかわり君の復活に期待大。

多和田が埋めましたね!高橋朋己は怪我。結局中継ぎの穴は中日から来た小川が埋めるという。それでも埋まったわけではありませんが、圧倒的な破壊力で優勝。おかわり君の復活は夏までかかりましたね。

ソフトバンク

王者ソフトバンクは捕手陣の相次ぐ怪我がマイナス材料。甲斐は元気だが、甲斐も怪我となると一気に厳しくなる。九鬼をバックアップ要員にするのは勿体無い気もするが。3位予想は投手陣の疲労を考慮してのものだ、サファテは昨シーズンのような結果を続けて出すのは難しく、中継ぎ陣の蓄積疲労はかなりのものと予想。二軍、三軍に良質なピッチャーはたくさんいるが、どこまで負担を減らせるか。

色々書いてありますが、中継ぎ陣の不調について書いているのは素晴らしい。甲斐は他のキャッチャーと併用することで1年間を戦い抜いた。九鬼は焦らず、段階を踏んでほしい。

日ハム

日ハムは中田の復調が一番だろう。大谷が抜けた穴は特に打の方で大きく、中田が埋めるしかない。抑えの増井の流出は厳しいのでは。

中田は復調したのではないでしょうか。もっとやれるのではという期待もありますが、昨年度を考えると十分に活躍した。増井の穴は大きかった。

ロッテ

ロッテは昨年のような負けはないと考えるが、大きな戦力補強もなく、井口監督の手腕に期待である。ドラフトで獲得した選手たちに期待である。

藤岡は頑張っていた。個人的にはアジャの頑張りが嬉しかったです。打てる外国人選手をとるべし。

オリックス

オリックスは正直Aクラス入りすると思うのだが、なぜか最下位にいる。そんな感じがするのだ。打線の迫力はソフトバンクにも匹敵すると見ていて、吉田正がシーズンを通していられれば(見たい)、ホームラン王もありえる。安達の健康面が気になるところである。

打線の迫力を担うと思っていた外国人軍団が2人ともダメでした。吉田正は一年感戦い抜いた。Tよ!復活してくれ!

 

最後に

今年もレギュラーシーズンの終わりが近づき、CSがそろそろ始まります。たくさんの名選手が引退を発表した年でもありました。僕が野球にハマった2008年以降に活躍していた選手も多数引退しました。非常に悲しいです。と同時にたくさんの喜びをありがとうとも思っています。

寂しさとともに、ベイスターズの来年の奮起を祈り、的中結果とさせていただきます。