ダブルテレワーク

埼玉県民と北海道民で書いてます。横浜ベイスターズのファンと広島カープのファンです。

小旅行記その1 巣鴨、駒込編 前編

今回は巣鴨駒込を散歩してきました。天気も良く、非常に良いものとなりました。ちなみに今回は一人旅です。

 

目次

 

巣鴨駅周辺~ファイト餃子

f:id:masterzzz:20180330231343j:plain

巣鴨駅に到着すると満開の桜がお迎えしてくれます。早速お昼ご飯を食べにいきましょう。今日は「ファイト餃子」に向かいます。このお店はかの有名なホワイト餃子のグループ店で、千葉出身の私からすると懐かしの味です。久しぶりでとても楽しみです。

ファイト餃子へは巣鴨地蔵通商店街を通ると近いです。

f:id:masterzzz:20180330231924j:plain

天気が良いこともあり、多くの人で溢れていました。やはりご高齢の人が多かったのですが、若い人もそこそこいてカップルなんかもいました。

f:id:masterzzz:20180330232118j:plain

商店街を10分ほど歩き、横道にそれるとファイト餃子があります。

f:id:masterzzz:20180330232242j:plain

f:id:masterzzz:20180330232332j:plain

近づくにつれて餃子のいい匂いがしてきます。

f:id:masterzzz:20180330232539j:plain

今では珍しい相席のお願いも、ホワイト餃子ならではですね。

f:id:masterzzz:20180330232629j:plain

メニューはシンプルです。ここの餃子はボリューム満点なので、少食の方は餃子だけでもお腹いっぱいになると思います。

f:id:masterzzz:20180330232810j:plain

f:id:masterzzz:20180330232945j:plain

ホワイト餃子の餃子の特徴として、皮が挙げられると思います。両端はカリッとしていて、真ん中はもちっとした皮は他では決して味わうことはできません。とっても美味しいですし、ボリューミーです。そんな皮に包まれたあんは最後まで熱々で、美味しさが保たれます。火傷にはぜひ気をつけてください笑 この定食、漬物も大変美味しく、餃子の間にちょうどいいです。次行った時は漬物単品で頼んでみようと思いました。

ファイト餃子 - ホワイト餃子グループ

 

巣鴨猿田彦庚申堂と とげぬき地蔵尊 高岩寺

猿田彦大神とも言われるこの場所は、商店街の一番奥にあります。無人でかなり雰囲気があります。500年前ほどからあるようで、色々歴史が書かれていましたので気になる人は読んでみてください。

f:id:masterzzz:20180330233658j:plain

f:id:masterzzz:20180330233959j:plain

f:id:masterzzz:20180330234738j:plain

近くには商店街を横切るように都電荒川線が通っています。踏切待ちがそこそこ長かったです。一両編成のこの電車はレトロなデザインで、商店街の雰囲気にぴったりでした。

f:id:masterzzz:20180331000027j:plain

ゆるキャラすがもんが乗っかったポストは可愛らしかったです。

f:id:masterzzz:20180330235017j:plain

有名なときわ食堂は平日でも混雑していましたが、13時をすぎると比較的空いていました。

f:id:masterzzz:20180330235142j:plain

f:id:masterzzz:20180330235214j:plain

f:id:masterzzz:20180330235245j:plain

とげぬき地蔵尊で有名な高岩寺です。こちらはたくさんの人で賑わっていました。有名な割に何か物足りなかったななんて思っていたら。御影をもらうことを忘れてしまった上、有名なお団子も食べ忘れていたようです。勿体無い。皆さんはお気をつけてください。

 

③休憩

せっかくなんであんみつとかの和風スイーツでも食べようかと思ったのですが、結局商店街を抜けてしまい、なかなか珍しいような気がしましたのでイートインがあるコージーコーナーにしました。f:id:masterzzz:20180331000151j:plain

1人でケーキセットを頼んでしまい、少々気恥ずかしさはありましたが、久々のショートケーキは大変美味しかったです。

 

さて、後半は六義園旧古河庭園に向かいます。 

master-hitori.hatenablog.com